ミライデイズ三股 建築計画

三股町にミライデイズができます

なんで三股町???とたくさんの人に聞かれましたが、大きな理由のひとつに三股町がこれからまちづくりをしていくからです。

三股町のまちづくりは下記記事を参照ください。

 

上の記事を書いた時点では交流拠点整備事業計画があることを知りませんでした。

但し、三股町の意欲を感じ取っていました。廃止する町営団地を決定したりと再開発について動いていました。

三股町の土地購入の話がきたのは去年のことでした。現地を散策したり、一度事業計画をつくったものの芳しくありません。周辺家賃相場と比較すると銀行が眉をひそめるのが手に取るような計画でした。しかし、都市計画を見てからのここに投資する無謀なチャレンジをするのも未来企画室ぐらいだなぁと思いつつ計画を進めていきました。

そして三股町を調べていくうちに「三股町 交流拠点施設整備事業 基本構想」に辿りつきました。そして確信しました。

 

三股町は本気だ。

 

三股町 交流拠点施設整備事業 基本構想を元に未来企画室が作成(https://www.town.mimata.lg.jp/contents/831.html)
※図では令和3年3月竣工予定とありますが、8月竣工予定です。

 

そして未来企画室も本気になりました。

元々階段4階建てのプランを階段3階建てにしました。収支がさらに悪くなりますが、階段4階建ては登れなくなる方が出てきます。

ミライデイズ都城には1LDKしかありませんでしたが、2LDKの間取りを用意。小学校(800m)まで一直線の立地です。そしてほぼ隣接地にはコスモスがあります。

そして交流拠点事業までは歩ける距離です。

 

正直事業リスクはかなり大きいです。でもアーリーアダプターがいなければ、後に続く人もいません。

このミライデイズを成功事例として三股町に投資する人が増えてきて欲しいという願いと想いがあります。

地域創生とは不動産価値の向上の上にあると思います。地域の価値があがり、人が増え、不動産価値があがり、さらに発展していく。

そんな未来を三股町に託します。

関連記事

コメントは利用できません。

イオン宮崎店でのピーマン自動収穫ロボット「L」の展示・実演

イオン九州とアグリストが、 農業の人手不足という課題をテクノロジーで解決することに共感し、 今回の企画が実現。

https://www.google.com/amp/s/prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000036.000050444.html

都城市の温泉施設の民間活用サウンディング型市場調査

都城市の温泉3施設の民営化が検討されています。
利用者減少を機に貸与・譲渡も含めた民間企業のアイデアを募集しています。

対象は
・青井岳荘
・やまだ温泉
・ラスパたかざき

https://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/site/kanko/40296.html

蓄電池を設置しても収支がプラスに。Looopが住宅太陽光発電の新サービス

これ言って良かったのかな?と思いますが、ずばり言いますと今まで蓄電池を設置している方は太陽光の買取金額では、蓄電池を含めたオール電化の料金はまかなえなかったのです。
https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/2110/15/news063.html

Load More...

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。